修理の金額

桐タンスを修理する場合、タンスの痛み具合や、大きさ、形状等によって料金が異なります。専門店にしっかりと相談を行い、金額や修理内容を納得の上で依頼することが大切です。

Read more »


高額

現在では安い価格で家具を購入することができます。しかし、最近高額の桐タンスの人気が高まってきています。なぜ桐タンスは高額なのかというと、完成するまでには様々な労力、技術が必要だからです。そのため、修理の費用も高いです。

Read more »


メリット

桐タンスは名前の通り、桐で作られています。桐は家具で使用される木材の中で、一番軽いです。また、狂いも少ないので、設計しやすいのです。
また、木目が綺麗なだけではなく、湿気を通しにくいなどのメリットがあるので、重宝されています。
その桐で出来ている桐タンスには多くのメリットがあります。そのメリットを理解することで、定期的に修理を行い、長期間使い続けることができます。
家具を設計する上で、材料のゆがみや変形が無いということは大切です。桐は、ゆがみ変形が少ない材質なので、長期間形状を崩すことがありません。
本物の桐タンスであれば、修理、洗いなどの再生をすることも可能です。

軽い、というのも桐タンスのメリットの1つです。桐タンスの種類によっても重さは異なりますが、3つ重ねの型は、桐の特徴を上手く活用した軽量さがあります。
軽量なので、引っ越しをする際もスムーズに行なうことができますし、狭い間取りの場合には非常に利便性が高いです。
防虫性が高いのも、桐タンスのメリットの1つです。タンスに害虫が生息してしまうと、どんどんタンスはボロボロになっていきます。最終的には修理できないぐらいになってしまいます。
しかし、桐タンスは防虫性が高いので、害虫が原因で修理する、という可能性は低いです。
桐にはタンニンが含まれているので、害虫を寄せ付けにくいです。ですから、防虫剤を使用する必要はありません。

通常木材なら、火に弱いのが一般的です。しかし、桐タンスは火に強く、水にも強いので、火災の場合でも桐タンスは安全なのです。
桐タンスは防火性が高いのですが、桐自体は火に弱く、燃えやすいです。しかし、タンスとして完成すると気密性が高まるので、外側が燃えた場合でも、中身まで火は入らないのです。
桐タンスは修理することで直せますが、収納されている衣服が燃えてしまうと、修理することはできません。
大切な物を守る役目として、桐タンスは活躍するのです。