修理の金額

桐タンスを修理する場合、タンスの痛み具合や、大きさ、形状等によって料金が異なります。専門店にしっかりと相談を行い、金額や修理内容を納得の上で依頼することが大切です。

Read more »


メリット

桐タンスのメリットを知っておくことで、桐タンスを十分に有効活用することができます。高額な桐タンスなのですが、長期間使い続けることができるので、定期的に修理することで、常に機能を発揮してくれます。

Read more »


高額

家具と一言で言っても様々な種類があります。安く購入できる家具もあれば、非常に高額の家具もあります。
桐タンスは、家具の中でも高額の部類に入ります。なぜ高額なのかというと、それはそれなりの理由があるのです。
ホームセンターなどでリーズナブルな価格で、家具が販売されていることは多いですが、低価格で購入できるのは機械による大量生産ができるからです。
機械を使用して作ることで、部材も安く済ませることができ、費用も安く抑えることができるので、販売価格も安いのです。
しかし、桐タンスは違います。機械を使った加工や分業をなるべく行わないようにしています。板の見立てから始まり、最後の調整まで、職人が1人で組み上げていくのです。
そのため、その分労力もかかりますし、時間もかかります。修理するのも高い費用がかかるのです。

桐タンスを修理する専門業者は多数存在しますが、作る際は職人が1人で組み上げています。
棹が出来るまでには1ヶ月半はかかるのです。また、タンスとして収納の役割を果たすためには、多くの材料を使わなければいけません。
その材料の原木を伐採してから、3年~5年という長い期間が必要なのです。時間がかかるだけではなく、多額の費用も必要です。これを知っていると、桐タンスが壊れたから簡単に捨てるという選択は無くなります。修理して使い続けることが大切です。
多くの労力と費用がかかって完成した桐タンスは、細部まで入念に作り込みされていて、引き出しの1つ1つが精妙に作られています。
また、材料の桐は、極限まで感想しているので、長期間機能を維持しています。その期間は100年単位です。
修理、仕上げ直し、再生することが可能なので、家族代々引き継ぐことができるのです。
このようなことを考えると、桐タンスが高額なのは納得できますし、修理して使い続けるべきなのです。